メインビジュアル

カンボジアのひとことアルバム

芸術的なアンコールと素朴な人々が暮らす遺跡の国のエピソード

シェムリアップの世界遺産アンコール遺跡と水上村があるトンレサップ湖を巡るカンボジアのエピソード。アンコールワットでは朝日と夕日を鑑賞し、入場が規制される第三回廊も見学。トンレサップ湖では船に乗って水上村を訪れ、水の上で生活する人々の姿を垣間見た。

google+ページfacebookページ
日が昇るアンコールワット

朝日が昇るアンコールワットを見るために6時前には行ったが、すでに写真ポイントには人垣。いったい何時に行ったら一番前をゲットできるのだろう?

タプロム遺跡

思わず「お~ラピュタだ」とつぶやいてしまったタプロム遺跡。遺跡にからみつく巨木の根はまさにあの世界そのもの。ただものすごい数の観光客だった。

トンレサップ湖の水上村

東南アジア最大のトンレサップ湖には大規模な水上村があり、たくさんの人々が暮らしている。学校やお店など生活に必要なものはだいたい揃っていた。

トンレサップ湖のワニ

トンレサップ湖で捕獲されたワニ。他にも大きな蛇もいた。

トンレサップ湖の子供

湖では小さな子供でも小船を器用に操って往来している。その中に、タライを漕ぐ男の子がいた。

夕日の中を帰る子供たち

夕日の中を自転車に乗って帰る子供たち。なんだか映画の「三丁目の夕日」のようだった。道の先にはバコン遺跡が聳えている。

遺跡を巡る象

象に乗って観光することもできる。結構な高さなので、眺めは抜群だろう。

アンコールビール

その名も「アンコールビール」。味は普通だが、カンボジアに行ったら一度は味見したい。

クリスマスツリー

カンボジアではクリスマスはないらしいが、ホテルのロビーには観光客用に大きなツリーが飾られていた。

アンコールワットの階段

入場が制限されるアンコールワットの第三回廊へ上る階段。これは観光客用に新設されたものだが、オリジナルのはもっと傾斜が急。

トンレサップ湖の交通標識

トンレサップ湖には船のための交通標識が建っている。この年は洪水で乾季になっても水位が高く、木もまだ水に沈んでいる。

カンボジアのアリ

カンボジアのアリはとても大きく、木の葉をまるめて巣を作っていた。

ガソリン

ペットボトルに入れて売られているガソリン。値段も安くなるし、量も一目でわかるし便利かも。

行商のお父さん

夕暮れ時のアンコールワットで出会った行商のお父さん。素敵な笑顔を向けてくれた。

買い物するお坊さん

アンコールワットには近隣の国のお坊さんたちも訪れる。中には一眼レフカメラで熱心に撮影している人もいた。

オールドマーケット

夕暮れのオールドマーケット。カンボジアでは夕方になると、周りの空間全体がふんわりとピンク色になった。

オールドマーケットの美容院

オールドマーケットには食材や雑貨にまぎれて美容院もあった。ちゃんとシャンプーもしてくれるらしい。

影絵をする演者

カンボジアの影絵の人形を操る女の子たち。年齢層がかなり若くて驚いた。

チケット売り場

アンコール遺跡を巡る共通の写真入パスは、チケット売り場で簡単に撮影、発行してくれる。この女性は写真撮影しているところ。

機内からのカンボジア

タイの洪水同様、カンボジアでもかなりの被害が出た。これは海のようにも見えるが、本来は陸地で水没した道路や家が見えた。

▼ カンボジアの写真一覧 ▼
(クリックするとこの下に表示されます)

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
標高1200mの濁り湯!福島「野地温泉ホテル」の多彩なお風呂で温泉三昧
農家が作るバームクーヘンに行列!茨城県「深作農園」こだわりの自然農法が生む逸品
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ