メインビジュアル

ネパールのひとことアルバム

世界の屋根ヒマラヤが連なる国のエピソード

エベレストを望むサガルマータ国立公園のエベレスト街道やアンナプルナ地域の初心者コースをシェルパたちとトレッキングし、世界の屋根ヒマラヤとその麓に住む人々を収めたネパールの写真のエピソード。朝日に輝くエベレストやマチャプチャレは、その大きさと美しさに感動。

google+ページfacebookページ
ルクラの空港

エベレスト街道の拠点ルクラの空港。山間にある離発着の難しい空港で、坂道になった滑走路の先は崖になっている。

シェルパリゾート

シャンボチェのシェルパリゾートから見たエベレスト山群。庭には一帯の山の名前と標高が書いてある看板がある。左にちょっと見えるピークがエベレスト。

アマダブラム峰

アマダブラム峰。双眼鏡で見ていたシェルパが山頂直下を登っているクライマーを発見。その後そのクライマー他から救助要請があり、救助に向かったヘリが悪天候のため墜落。救助隊2名が亡くなった。

ギャコック鍋

チベット料理のギャコック鍋。チベットに行ったときも食べたが、ヤクでとったスープと違って、こちらはチキンと魚のスープだったので美味しかった。

カトマンズの国内線

カトマンズの国内線のチェックインカウンター。荷物の重さはアナログの計器で計っている。

機内からのヒマラヤ

カトマンズからルクラまでの機内から見えるヒマラヤ。行きは左、帰りは右側に見える。

カトマンズの国内線

国内線の機内。小型機には20人前後の定員で、コックピットとの間には扉もない。

エベレストビール

エベレストビール。ラベルには登山家がデザインされている。ネパールに着たらぜひ飲みたい。

ロッジのキッチン

エベレスト街道沿いのロッジのキッチン。今でも薪で調理がされている。

お湯

トレッキング中は、基本、シャワーが浴びれないので、毎朝洗面器に入れたお湯が配られる。

水牛のハンバーグ

シャンボチェのシェルパリゾートで食べた水牛のハンバーグ。牛と水牛は似てるけど味の違いはわかった。美味い。

ベッド

ロッジではベッドにシェラフで寝る。掛け布団もあるので、夜はこれでかなり暖かい。

ガモーバッグ

高山病用のガモーバッグ。カラパタールまで行くツアーの演習風景。シャンボチェから先で必要になる場合があるらしい。

シェルパリゾートのマネージャー、タラさん

シェルパリゾートのマネージャー、タラさんと。彼は夏の間は日本の内蔵助山荘で働いているとのこと。

田部井さんや野口建さんらの写真

ナムチェバザールのロッジ。田部井さんや野口建さんらの写真が飾ってあった。

エベレストケーキ

同行のコックさんが作ってくれたエベレストケーキ。上の白いのはメレンゲで、エベレストの絵が描いてある。

打ち上げ

トレッキングの最終日、ルクラのロッジでガイドさんやポーターさんたちとロッジのクラブで打ち上げ。シェルパダンスと地酒で盛り上がった。

ヒマラヤそば御膳

カトマンズで食べたそば御膳。日本でもめったに食べない蕎麦がきなどかなり本格的で美味しかった。そばはヒマラヤ産で、ヒマラヤそばと呼ばれている。

シェルパが担いで登る荷物

シェルパが担いで登る荷物。ものによっては100Kgにもなるとか。シェルパ族の体力は半端ない。

機内からのヒマラヤ

シェルパリゾートのヒマラヤ犬。ロッジの椅子でいびきをかいて眠っていた。

▼ ネパールの写真一覧 ▼
(クリックするとこの下に表示されます)

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
標高1200mの濁り湯!福島「野地温泉ホテル」の多彩なお風呂で温泉三昧
農家が作るバームクーヘンに行列!茨城県「深作農園」こだわりの自然農法が生む逸品
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ