メインビジュアル

ウズベキスタンのひとことアルバム

月に輝く青いモスクの国のエピソード

多様な民族と文化が交差するシルクロードの国ウズベキスタンのエピソード。青の美しいサマルカンドは、色々な諧調の青のタイルで装飾されたモスクや門が訪問者を迎えてくれる。満月が輝く月夜に浮かぶモスクや砂漠の風景は、まさに何かの物語の世界。世界遺産のイチャン・カラ、ブラハの町は、まるで中世のような町並みが広がっている。

google+ページfacebookページ
ひとことアルバムウズベキスタン

中秋の名月が輝く月とモスクの風景は、まさにアラビアンナイトの世界。どこからか、空飛ぶ絨毯が現れそう。

ひとことウズベキスタン

サマルカンドブルーといわれるほど「青」が美しいサマルカンドの町。建物すべてがアートな装飾で彩られ、そのものが美術館を形成しているようだ。

ひとことアルバムウズベキスタン

中央アジア一高いミナレットから見下ろすブルーモスクの丸い屋根。強い日差しにツルンと光っていてかわいらしい。町全体が映画のセットのよう。

ひとことアルバムウズベキスタン

色鮮やかな絨毯は、見ているだけでもワクワクする。そのサイズはとても大きく、それなりの広さの家がないと買っても広げられない…

ひとことアルバムウズベキスタン

世界遺産のイチャン・カラで結婚式に遭遇。ウズベキスタンでの結婚は、親が決めた相手とするのが一般的とのこと。そういえば、本人たちよりも周りの方が盛り上がっていた。

ひとことアルバムウズベキスタン

出発までのわずかな時間でなんとか撮影できた、朝日に染まる城壁。オレンジ色に染まる曲線の壁は、柔らかく優しい顔をしていた。

ひとことアルバムウズベキスタン

多民族国家のウズベキスタンには、その数だけ文化がある。これだけの民族が一緒に暮らしている国で、こんなに民族同士の争いがないのは珍しいという。

ひとことアルバムウズベキスタン

公園に立つティムール像。かつてはレーニン像があったが、ソ連崩壊とともに、どこかのおじいさん達が夜中にこっそりとどこかへ持っていってしまったそうだ。

ひとことアルバムウズベキスタン

キジルクム砂漠に点在する遊牧民のユルタは、砂嵐や厳しい環境にも耐えられる構造になっている。その土地に応じた生活の智恵というのは、とても理にかなっていた。

ひとことアルバムウズベキスタン

乾ききった砂漠を貫くシルクロード。とはいえ、現代のシルクロードは、想像以上に整備され、快適なドライブをすることができる。

ひとことアルバムウズベキスタン

カメラの前でちょっとおすましの子供たち。カメラを持って歩いていると「撮って撮って」と声をかけられる。今まで訪れた国でそういう国はなかった。

ひとことアルバムウズベキスタン

ウズベキスタンでの埋葬は本来無料だが、ここアフラシャブの丘での埋葬は人気が高く、有料らしい。墓石も豪華で、顔が彫られているものが多く、中には屋根付のものもある。

▼ ウズベキスタンの写真一覧 ▼
(クリックするとこの下に表示されます)

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
標高1200mの濁り湯!福島「野地温泉ホテル」の多彩なお風呂で温泉三昧
農家が作るバームクーヘンに行列!茨城県「深作農園」こだわりの自然農法が生む逸品
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ