メインビジュアル

もんじゃお好み焼き おしお(月島)

No005 各国料理レストランレポート

日本にいながら世界の料理を体験!もんじゃお好み焼き おしお(月島)のレポートと写真(ページ下部)、お店の情報を掲載しています。めずらしい珍味から絶品メニュー、定番ご当地グルメまで、おすすめ各国料理レストランレポートです。

google+ページfacebookページ

おしお会社の友人達と、月島でもんじゃ焼きを食べました。行ったお店は「おしお」。月島でもおいしいと評判のお店です。
実は、私は、もんじゃ焼きを食べるのは、これがほぼ初めて。「ほぼ」というのは、大昔に食べたような気がするけど、味も何も覚えていないんです。

有楽町線の月島で下車し、月島西仲通り商店街(通称もんじゃストリート)を勝どきのほうへ歩いていきます。
「もんじゃストリート」というあだ名通り、あっちにもこっちにももんじゃ焼き屋さんだらけです。でも、その間にも昔ながらの小さな商店が軒を連ね、いい雰囲気をかもし出していました。
若干迷子になりながらも無事おしおに到着。なんだかとてもきれいなお店です。

まずは、桜海老のもんじゃを注文。
焼き方がわからないときは、お店の人に言えばやってくれます。
今日のメンバーの中に、地元出身のもんじゃ奉行がいるのですが、まだその人が来てないので、お店の人に頼んでみました。なれた手つきであっという間にできあがり。

ハガシでちょっとずつ鉄板にこすりつけながらくっつくけていただきます。
正直、もんじゃよりお好み焼きのほうが好きだった私ですが、

あれ、おいしい

特に、カリカリになったおせんべ状のところがたまりません。いけるいける~という感じでどんどん食べれました。
そうこうしていると、もんじゃ奉行登場。おすすめのもんじゃを注文してもらいます。
まずは、コーンビーフもんじゃ。
お手並み拝見ということで、みんなの見守る中、奉行が焼き始めます。すばらしい手さばきで、どんどん出来上がっていきました。

おお~~

観客(私達)から歓声があがります。
テクニックがいるという土手も見事な円を描き、中に汁を入れても決壊などしないでしょう。あっという間に出来上がってしまいました。
コーンビーフ自体、普段そんなに食べないのに、まさかもんじゃとコラボでいただくとは。
これもコクがあっておいしい~
さすがお奉行様の選ぶもんじゃは違いますね。
「月島路地ビール」という気になるビールも発見し、それと一緒にチビチビと食が進みます。

次に、お好み焼きをはさんで、私がここで食べたかった明太子もちチーズを注文。お店の一番人気の定番ということで、やはりはずせないでしょう。
現れた器には、大きな明太子がドカッと乗っていました。これも奉行に焼いてもらいます。
明太子の焼ける香りがいい感じで広がってきてできあがり。
文句なくおいしいです。
みんなにも好評で、となりのテーブルの人も食べてました。

最後はデザートのあんこ巻き。
これもこのお店で有名なものらしいですが、これは、

それほどでも・・・

という感じでした。
これだけ食べて飲んで、お一人様たったの3200円!
脅威の下町価格です。

おしおおしおおしお
おしおおしおおしお
おしおおしおおしお

店情報

==お店のサイト(グルメGyaO)から引用==

ワイン・シャンパンがあるもんじゃ焼きのお店!
老舗の味と空間の演出は月島最上級! 月島西仲通り・「炎」をイメージした外観。店内に入るとそこには今までのもんじゃ店を一新させた空間の演出。メニューはもんじゃの充実はもちろん、鉄板焼きも本格的な内容で「食」の追及をしています。また、ドンペリをはじめ厳選されたワイン・シャンパンも目玉の一つ。そこは「下町の中の異空間」。ゆっくりとした「時」と「食」を楽しんで下さい。商談にも使用できるもんじゃ焼店です。

お店のURL:おしお(グルメGyaO)

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
爽快サイクリング!茨城「国営ひたち海浜公園」を自転車で周遊
ミャンマーの水上コテージ「ミャンマートレジャーリゾート」はインレー湖の夕日の名所
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ