メインビジュアル

クロアチア料理 Dobro[ドブロ](東京)

No047 各国料理レストランレポート

日本にいながら世界の料理を体験!クロアチア料理 Dobro[ドブロ](東京)のレポートと写真(ページ下部)、お店の情報を掲載しています。めずらしい珍味から絶品メニュー、定番ご当地グルメまで、おすすめ各国料理レストランレポートです。

google+ページfacebookページ

クロアチア料理 Dobro(ドブロ) いつもの食べ歩き仲間と、東京駅近くにある、 クロアチアレストラン Dobro に行ってきました。
うっかりすると通り過ぎてしまいそうな路地に小さな入り口のドアがあります。国旗が掲げられているのでそれを目印に探しましょう。

お店で待ち合わせたのですが、今回は私が一番乗り。
フロアが半地下にあるせいか、とても落ち着いて居心地がいいです。

静かな音楽が流れる中、本を読みながら待っているとほどなく友人が現れました。
今日は土日祝日用ランチの「シュトゥルクリセット(2500円)」をオーダー。
1800円の「クロアチアセット」もありますが、シュトゥルクリセットはメインが3種類から選べます。私はその中から、パスティツアーダ(牛ホホ肉の赤ワイン煮)をチョイス。

まずは前菜から。バルサミコソースと豚肉がよくあい、夏バテした体にも優しい。

続いて、人気ナンバーワンというシュツゥルクリ。
これは、自家製平パスタにフレッシュチーズを挟んでクリームソースをかけたもので、地元クロアチアでは、オリーブを入れたり、色々アレンジして食べるそうです。
濃厚そうな見た目ですが、実際は癖もなくとても優しい味で、これと言った特徴があまりなかったかな。

メインのパスティツアーダが登場。
よく煮込まれたお肉の周りにはニョッキとほうれん草が添えられ、見た目にも食欲をそそられます。
ナイフを入れるとホロホロとお肉が崩れ、ちょっと苦めのソースをからめるともう絶品。これは絶対おすすめです。

友人がチョイスしたサルマというロールキャベツは、クロアチアの伝統料理で、3週間塩漬けしたキャベツが使われているそう。かなりすっぱいので、添えられているポテトと混ぜて食べるといいらしいです。

食後のデザートはアイスと甘酸っぱいベリーのムース。この暑い時期にはありがたい。

食後の紅茶をいただきながら旅の話に花が咲き、またどこかに行きたくなりました。
お店には去年クロアチアからきたというイケメン青年がいるので、これからクロアチアに行こうと思っている人は色々聞けるかもしれません。

雰囲気もサービスも料理もいいので、ちょっと高めですが、今度は夜に来てみたいなと思いました。
お店も静かなので接待とかにも使えると思います。

クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)
クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)
クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)
クロアチア料理 Dobro(ドブロ)クロアチア料理 Dobro(ドブロ)

店情報

==お店のサイトから引用==

日本で唯一のクロアチア専門レストラン。アドリア海を挟み、イタリアの対岸に位置する最高のリゾート、「クロアチア」。シーフードや旨みたっぷりの肉料理と、希少なクロアチアワインと共にお召し上がりください。記念日・接待には落ち着いた大人の空間のDobroでおもてなしください。

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
爽快サイクリング!茨城「国営ひたち海浜公園」を自転車で周遊
ミャンマーの水上コテージ「ミャンマートレジャーリゾート」はインレー湖の夕日の名所
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ