メインビジュアル

e-Visa(カンボジアVISA)申請方法

画像で解説するe-Visa(カンボジアVISA)申請方法

カンボジアのVISAの取得方法はいくつかあるのですが、私は「e-Visa」という、インターネット上で申請から取得までできる方法にしました。
日本国内で取る方法としては一番手間もお金($25)もかからないと思います。
そこで、少しでも経費を抑え、その分お土産代に回せるように、ここでどのような感じかご紹介するので、これから必要な方は参考にしてみてください。
注:あくまでここの情報は参考程度にし、実際に申請するときは最新情報を入手してください。
注:申請に関するお問い合わせは、カンボジア外務国際協力省へ直接お願いします。

google+ページfacebookページ

0.申請前に用意するもの

  • カンボジア入国時点で6ヶ月以上有効期限のあるパスポート
  • 「VISA」か「MasterCard」のクレジットカード
  • 証明写真のデータ(だいたいパスポートサイズ以上の大きさ。自動リサイズされる)
  • ビザを受け取るメールアドレス

1.申請サイトへアクセス

カンボジアのe-Visa申請サイト へアクセスします。
(偽サイトもあるらしいので注意)

2.ページの右側にある「今すぐ申請する」ボタンをクリック

※その下の「Read how to apply?」から入力方法が参照できる

e-Visa申請

3.必要事項を記入し、「I agree」ボタンをクリック

e-Visa申請

4.必要事項を記入し、「Save」ボタンをクリック

パスポートを見ながら名前やパスポート番号などは修正不可のため、絶対間違えないように入力する。
証明写真はパソコンに保存したものを「Brows」ボタンで参照しアップロード。写真データは、JPEGまたはPNGフォーマットの最近の写真で、サイズは1MB以下のもの。
下段の「Travelling information」はあとで修正可能なので、不明な場合は適当でOK。

e-Visa申請

5.再度入力内容を確認

特に「!」マークのついた項目は注意する。
間違えた場合は「Back」で戻りOKなら「Continue」ボタンをクリック。

6.この画面をプリントアウトし「Continue to proceed payment」をクリック

あとで申請のステータスや修正をする際に必要になるので必ず「Reference Number」と「Primary Email」を控えておく。
画面下方の「Continue to proceed payment」をクリックし、支払いへ。

e-Visa申請

7.クレジットカード情報を入力し、送信する

入力に時間がかかるとタイムアウトになるので注意する。

8.ステータスが「Approved」になっているか確認

支払いが成功すると「Application Status」の画面の「Payment Status」が「Approved」になる。

e-Visa申請

エラーになった場合、トップページに戻り、「今すぐ申請する」ボタンの下のほうにある、「確認と変更」ボタンをクリックし、先ほど表示された「Reference Number」と「メールアドレス」を入力して、再度支払い手続きを行う。

e-Visa申請

9.メールでVISAが送られてくるので印刷する

後日メールでVISAが送られてくるので2枚プリントアウトし持っていく。
私の場合、土曜日の夜に申請して月曜日の朝に届いていた。通常、3営業日くらいで来るらしいので、あまり長いこと来ないようなら、申請サイトのお問い合わせ(英語)から問い合わせてみる。

e-Visa申請

[重要]注意事項

これまで記載した情報は2011年11月1日時点のものです。実際に行う場合は、カンボジア外務国際協力省のウェブサイトで最新の情報を確認してください。

▼ カンボジアの写真一覧 ▼
(クリックするとこの下に表示されます)

一人旅歓迎の温泉宿!箱根湯本「養生館はるのひかり」で日常を離脱する逗留湯治
爽快サイクリング!茨城「国営ひたち海浜公園」を自転車で周遊
ミャンマーの水上コテージ「ミャンマートレジャーリゾート」はインレー湖の夕日の名所
世界の秘境・絶景・おすすめスポット
ページのトップへ